API 682スタンダード4版に準拠したSPB6シーリング供給システム

API 682は石油精製工業界においてShaft Sealing Systemsとして知られ、化学工業界にも適用されつつあります。EagleBurgmannは設備運用者たちの要求ならびに新規 API 682スタンダード4版を完全に満たしたシール供給システム;SPB6システムを市場にもたらしました。

API682第4版(2014年5月発効)の多数の改訂点は、メカにカルシールならびにそのシール供給システムの再開発が必要となりました。EagleBurgmannでは現在、すべての理論的API構成用のシールに関する多様にデザインされた一覧リストを提供しており、API準拠のシーリング供給システムの提供品種は拡張され、新規のスタンダードに適合されました。

アキュムレータを装着したSPB6の特徴

  • API Plan 53Bに基づくデュアルシールへのバリア液の確実で継続的な供給。デュアルシールのバリア液はアキュムレーターにて加圧され、プロセス液の大気側への流出を防ぐ。バリア液の循環はサーモサイフォン原理あるいは強制循環によって実行。

  • 稼働は遠隔地でも可能。

標準化されたSPB6は包括システムとして納品可能です。またモジュール構造のため、仕様に応じた機器を組合わせることで対応できます。各容量のガスアキュムレータ、熱交換機種ならびに個別にデザインされた機器を取り揃えています。さらに、各種規格ならびにOEM規格によるオプショナルの付属品も選択可能です。

EagleBurgmann SPB6システム はASME VIII Div.1スタンダード(米国)、PED 97/23/EG圧機器規格(欧州)、SELO認可(中国)ならびにTR CU (欧州-アジア関税同盟)を標準とし納品することができます。

適用範囲ならびに技術的特性

  • ガスアキュムレータ:20、35あるいは50 L(リットル)

  • 最大圧44 bar (638 PSI)、より高圧の機種はオプショナルで納品可能

  • 温度: -20℃~ +90℃ (-4 °F ~ +194 °F)

  • 熱交換機種:リブ状チューブクーラー、水式クーラーあるいはファン付きエアクーラー
    ベースメタル:316L (ステンレス鋼); ガスアキュムレータ:クロームモリブデン鋼